2012年10月10日

山中伸弥教授,ノーベル医学・生理学賞の受賞,おめでとうございます.

領土問題で日本中が鬱になっている最中に,超ビッグな目出度いニュースが飛び込んできた.しばし,日本人の優秀さに誇りを感じるとともに,ハイな気分のうちに,教授の作り出した iPS 細胞を学んでおきたくなった.


続きを読む
ラベル:iPS 細胞
posted by TaD at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

「異教徒」という言葉のもつ重さ2−−十字軍遠征

 キリスト教がローマ帝国の国教とされ,また,392年には帝国内の異教信仰が禁止されるにいたって,キリスト教はヨーロッパ中に広く普及していった.それとともにローマ教皇の権威は増大し,遂にはカノッサの屈辱(1077年)に象徴されるように,皇帝の権威をも上回るほどになっていった.


続きを読む
posted by TaD at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

「異教徒」という言葉のもつ重さ1−−キリスト教の勃興

 1.2 中世の数学 を書く際に中世ヨーロッパの歴史をかなり勉強させられた. 思うところ合って,「異教徒」という言葉の重さについて議論したい.長くなるので,分割してアップロードします.


続きを読む
posted by TaD at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

葛飾北斎 83才にして 信州 小布施に旅する

 10月初旬,草津温泉白根山上高地―富士山5合目 のルートで 紅葉の旅を満喫した.その途中で信州の小布施町に立ち寄ったが,そこには「北斎館」があった.なんと,江戸後期の浮世絵葛飾北斎 の没年近くの肉筆画も多数収蔵する美術館とのことであった.

続きを読む
posted by TaD at 13:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。