2010年08月05日

§1.4 19 世紀以降の数概念の 1.4.3 (2010年8月)

様々なトラブルに見舞われて,集中力が減退し,大幅に遅れてしまいました.申し訳ありません.

§§1.4.3 微分学と実数の連続性 をアップします(2010.08.24 校正).

さちこさん のリクエスト(コマンド)により大幅な改訂を行いました(2010.08.24 ).

清き one crick please (^^;) メモ of『なっとくの微積・解析』に一票
posted by TaD at 01:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。お久しぶりです。
大学数学へのかけ橋!を見つけて夢中で読んだのが2006年。
歳をとると4年でこんなに脳が衰えるものかと…。
もともと無理だったものがいよいよ殆ど理解できない状態での感想です。

自然数から出発した数概念の拡張は複素数の導入で一応閉じると考えられると前回イメージしました。

最近の私は、連続量を不連続な数で認識することの意味について考えることが多い。
そしてそう発想するには裏付けとして連続を定義することが不可欠なのだろうなと。

時代は、連続な現象を不連続な数によって処理する方法を要請している気がします。
内容が時代と重なってきているのだななどとふと感じて、そうなると知らないうちにすごく格闘してたりしてたりするんだよなとか。

とりとめのない感想失礼しました。
続き期待しています。
Posted by bassface at 2010年08月06日 14:25
こんばんは。
先ほどの気象情報で、今日、北海道(北見?)で37.1℃だったとのこと。
あ〜TaDさんどうしておられるかな・・・一度お便りしようか、いやその前にここを覗いてみよう、と思い覗くと更新されてました。おお、なんというタイミング・・・。
暑いです!
ちょっと忙しい?ので少しお時間下さい。
Posted by さちこ at 2010年08月06日 20:01
ファイルをアップロードしてすぐに,父親の入院の関係で,田舎に行ってきました.お医者さんから“意識が戻ることはもう無いです”と言われて,覚悟していたとはいえ,ちょっとブルーです.
というわけで,今日は簡単なレスでご勘弁を.

> bassface さん
> 時代は、連続な現象を不連続な数によって処理する方法を要請している気がします。
これは難しい問題です.
数学の今までの発展の過程で連続数は必然でしたが,自然が連続数を必然としているかどうかは不明なような気がします.量子力学の「不確定性原理」や場の理論の発散問題(→朝永振一郎先生の「繰り込み理論」)は自然を記述するための‘より扱いやすい数’を望んでいるのかななどと妄想する最近です.

> さちこ さん
先ほどの気象情報で、今日、北海道(北見?)で37.1℃だったとのこと。
その前にファイルをアップロードできて幸いでした.
この2〜3日は頭がボートして,思考力 0 です.
お手柔らかにお願いいたします.
Posted by TaD at 2010年08月09日 23:56
> bassface さん

数学者から数学史家に転身された 村田 全 教授の
『連続性の問題へのこだわり』
http://redshift.hp.infoseek.co.jp/sci/murata/renzokuron/renzoku-ron.pdf
を見つけました.参考になればと思います.
数学者としてはかなり柔軟な視点で見ているように思います.
この問題に一家言ある人は(証明が不可能な問題なので)十人十色でしょう.
Posted by TaD at 2010年08月16日 00:01
こんにちは。
お父様のこと、お気持ちお察しいたします。
私は今年の1月に母を亡くしました。意識なんかなくてもせめて息だけでもしていて欲しいと思った記憶がまだまだ生々しいんですが、むしろ寝たきりにならずに一気に逝った母は幸せだったのだろうなどと思ったり。

『連続性の問題へのこだわり』教えてくださり有難うございます。とてもおもしろく読ませていただきました。
私の場合、基本的に哲学的なことに興味はないつもりなんですが、デジタル、特に圧縮の問題など、無邪気に連続を前提にしないとできないような作業を時代が要請していると感じたとき、「生命現象って本質的に不連続だよなあ」などと感じてしまったりして。
あ、ますます取り留めなくなるぅ。
考えがまとまったら、自分のとこに書いてみようかとも思ってます。(←無理だな。まとまりっこない)
Posted by bassface at 2010年08月18日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。