2013年11月08日

TeX で作る PDF ファイルに FONT を埋め込むのに苦労する

§3.2 までやっとたどり着き,ここは「関数のグラフ」に関することを書くことになった.つまり,高校の微積の初等的な内容に戻る.増減表 の書き方などを書いていると,なんだか飽きてきて,筆(キーパンチ)が進まなくなってしまった.

もっと工夫した書き方ができないかな,などと思っているうちに,書きかけの原稿を読みながら,TeX の勉強をすると,よいアイデアが出るかな,などと虫のよいことを考えた.TeX で一番難しいのが FONT(書体)である.出版社に問い合わせると,私の本で使った日本語 FONT は明朝:Ryumin-regular とゴシック:FutoGoB101-Bold とのことだった.調べてみると,ゴシック:ゴシックMB101 regular のほうが Ryumin-regular に合いそうなので,そちらに乗り換えた(追加購入).今時の主流は OpenType FONT とのことで,A-OTF-RyuminPr6N-Regular.otf と A-OTF-GothicMB101Pr6N-Reg.otf などを購入した.それにしても高い!!
続きを読む
posted by TaD at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。